この間、会社からの帰り道、街灯の少ない自宅前の道を歩いていると、 路上でうちのハリー(黒猫・2歳)にバッタリ出くわし、 「おおハリー!ただいま〜。ペニトリン

一緒に帰るか?」 「ニャー!」 ということで、残り50m程の道のりを仲良く寄り添うように歩いて帰りました。キャッシング

そして門を開けると同時に、ハリーは我先にとドアまで駆けて行きました。新生児服 人気

ドアの前で振り向いて私を待つ姿に、何とも可愛いやつだと再認識させられつつも、 誰も見ていないのに、 「おいおい、そんなに急かすなよ」 と独り言を交えつつ照れ隠し。精力サプリ

鞄の底から鍵を取り出し、誰もいない真っ暗な玄関に向かって 「ただいま〜」 と言うまもなく、 「シャーーーーーー!!!!!!」 という激しい猫の威嚇声が足元から聞こえました。ウェルシアの薬剤師求人募集

驚いて足元を見ると、毛を逆立てて真ん丸くなった黒猫が、ハリーに向かって激しく威嚇中。脱毛

ハリーは踵を返すが如く、今入ってきた門へまっしぐら。アンパンマン ケーキ

「やばい!」と、とりあえずドアを閉めたものの、情況が把握できず、ドアノブを握り締めたままパニック状態に陥りました。1

ハリーが走り去った後改めてドアを開くと、そこにはドアに鼻を押し付けていたかのような距離で、 興奮冷めやらぬ状態のハリーがいました。メルパラ ライン

…本物のハリーが!!!!! 私はハリーを心底愛しております。美容

それでも、こんなことって起きるんですね…。

不覚です。