ノートPCの前で、変化している為替レートを見てしまうと、エントリーをしなければいけないという抑えようのない気持ちに突き動かされる場面も少なくないだろう。

しかし、あやふやな感覚でトレードするのは、決してしてはいけません。

確かに、外国為替相場は年中いかなる時でもどこかで外国為替相場はやっているし市場もいかなる時でも、上がったり下がったりします。

とは言っても、何回も取引を積み重ねるとそれだけ損失が生じる危険性が増します。

当たり前ですが、トレードの数を増やすことによってじょじょに勝ち負けの確率か五分五分になります。

けれどもそれは「なんだか分からないアイデアで売買」してしまうこととは話が異なります。

売買回数を積むということは、自分が「ここは勝てる」と考え付いた勝算を得られたうえでの売買回数を積み重ねるという事を言っています。

格段の理由がなく、連続してエントリーを積み重ねるのとは大きく異なります。

市場の勝負に立ち向かうためには、あなたが思案して緩急をつけることこそが肝心です。

「ここは!」とよく考えた外国為替市場の時には迷わず持っているポジションを増やして、思い切り利益を追求します。

「かなり分かりにくい為替相場でどうなるか思いつかないな」と思案した時は思い切って保持ポジションをすべてクローズして何もしません。

このぐらいのけじめをつけた方が、最終的に取引は儲けられます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

まったくその通りです。

為替とはいつでも売買ポジションを所持する事が肝心な事ではなく、どの売買ポジションも所持せず何もしないことも事態によっては相場なのである。

それでは、どのタイミングで休めばいいのでしょうか。

最初に言われるのが先に述べたように、現在の相場展開が明確に理解できない時です。

今後どちらにいくのか見通せない時は何も考えず行動すると、自分で思い描いた物語とは逆の方向に為替相場が変化してしまい、損する事になってしまいます。

そのため、そうした場合はポジションを0にして何もしないで静観を決め込むのが唯一出来る事です。

次に、あなた自身の体の状態が変なときです。

健康状態と外国為替相場に何の影響も与えないと思う投資家もいるだろうが。

現実には意外とつながりがあります。

体の具合が悪い時は相場の大事な場面で必要不可欠な判断ができなくなります。

関心がわかない時は外国為替相場から離れてみるのも肝心な事です。