民事再生という選択はマンション等のローンを含めた複数の債務に困っているひとのために住居を手放すことなく金銭管理の面で再生するための借金整理の手順として平成12年11月にはじまった選択肢です。仕事 辞めたい アフィリエイト

破産申告とは違って免責不許可となる要素がなく、賭け事などで借金をしたような場合でもこの方法はOKですし、破産宣告をすれば業務の停止になってしまうような業種で仕事をされているような人でも制度の利用が検討可能です。

破産の場合は住んでいるマンションを手放さないことは無理ですしその他の選択肢では、やはり元金は完済していかなければなりませんのでマンション等のローンもある一方で払っていくのは実際のところは難しくなるでしょう。

でも、民事再生という手順を選ぶことができれば住宅ローン等以外の借金については少なくない場合において減らすことが可能なため、余裕をもって住宅ローンなどを払いつつ負債を返していくこともできるということなのです。

いっぽうで、民事再生という方法は任意整理または特定調停といった方法とは異なり一部の借り入れを切り取って処理を行うことは許されませんし、破産申請に適用されるように債務そのものが消滅するのではありません。

さらに、そのほかの処理と比較しても処理がこみいっていて時間もかかりますので住宅ローンを組んでおり住宅を維持したいような状況以外の、破産手続きなどの他の方法がない際の最後に考える処理と見ておいた方がいいでしょう。